生誕140年 吉田博展 山と水の風景

美術館



《雲叡深秋》
明治31(1898)年
油彩 福岡市美術館蔵


《日本アルプス十二題 劔山の朝》
大正15(1926)年
木版 個人蔵


《穂高山》
大正期
油彩 個人蔵


《印度と東南アジア タジマハルの庭》
昭和6(1931)年
木版 個人蔵

※画像写真の無断転載を禁じます
※会期中展示替えがありますが、当ページにて紹介している画像は全て全会期展示の作品です。

主催:東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館、毎日新聞社

会期:2017年7月8日(土)~8月27日(日)※会期中展示替えあり

会場:東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館

住所:〒160-8338 東京都新宿区西新宿1-26-1
損保ジャパン日本興亜本社ビル42階

TEL: 03-5777-8600(ハローダイヤル:美術館利用案内)

開館時間:午前10時から午後6時まで(入館は午後5時30分まで)

休館日:月曜休館(ただし7月17日は開館、翌18日も開館)

観覧料金:( )内は前売りおよび20名以上の団体料金
一般1200(1000)円
大学・高校生800(650)円
65歳以上1000円

※2回目以降は有料半券提示で 一般800円、大学・高校生500円
※中学生以下無料(生徒手帳をご提示下さい。)
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をご提示のご本人とその付添いの方1名は無料。
被爆者健康手帳をご提示の方はご本人のみ無料。

概要:福岡県久留米市に生まれた吉田博は、10代半ばで画才を見込まれ、上京して小山正太郎の洋画塾不同舎(ふどうしゃ)に入門します。仲間から「絵の鬼」と呼ばれるほど鍛錬を積み、1899年アメリカに渡り数々の作品展を開催、水彩画の技術と質の高さが絶賛されます。その後も欧米を中心に渡航を重ね、国内はもとより世界各地の風景に取材した油彩画や木版画を発表、太平洋画会と官展を舞台に活躍を続けました。

自然美をうたい多彩な風景を描いた吉田博は、毎年のように日本アルプスの山々に登るなど、とりわけ高山を愛し題材とする山岳画家としても知られています。制作全体を貫く、自然への真摯な眼差しと確かな技量に支えられた叙情豊かな作品は、国内外の多くの人々を魅了し、日本近代絵画史に大きな足跡を残しました。

本展では、水彩、油彩、木版へと媒体を展開させていった初期から晩年までの作品群を一堂に展示、吉田博の全貌とその魅力に迫ります。

アクセス:新宿駅西口より徒歩5分

« »